2013/8/22(木)Shibuya DUO Music ExchangeにおいてCapppa二回目となるワンマンライブを行いました!

お越しいいただいたみなさま、誠にありがとうございました!
Capppaみずからのライブレポートいっきまーす!
[CapppaワンマンライブPhoto Albumはコチラ]

オープニングアクト:イルチャンティによるオープニングアクト!

突然でかい2つのダンボールが登場し、その中からCapppaワンマンライブのためのオリジナル面白ラップが炸裂します。
そして!2曲めの「ラブ・エクスペリエンス」がかかるやいなや、でかいダンボールから手足頭がにょきっと生え、パシフィック・リムのロボットさながらの格好でライブ!
いつもの調子のゆるくてキャッチーなMCから他に数曲をおとどけしました。Say hoはCapppaがやるだろうからやらない、という配慮が行き届いたラップに強い仲間愛を感じたのは言うまでもありません。
ヒップでホップかつ、最高のツカミ!オープニングアクトからガンガンに攻めまくりの20分間でした。

オープニング

1. Opening
2. Thursday
3. 東京メトロアンダーグラウンド
4. MARTINI

21世紀フォックスのタイトルロゴのCapppaバージョンから始まるオープニング映像がワンマンライブのはじまりを告げます。
まずは、今回の共演ヤパニ!の演奏によるDe La SoulのSaturdayを編曲カバーした「Thursday」を披露。
そしてご存知「東京メトロアンダーグラウンド」。フロア中全員で吊革につかまり、一気に一体感が高まります。
その後、お酒のことを歌った曲「MARTINI」でヤパニ!のruppaのテナーサックスと絡み合います。

DJゾーン

5. Capppa Crush Brothers
6. Red hot
7. 御YOだ!
8. 奇人変人隣人
9. かっぱの川流れ

“Here goes 1,2,3…”ではじまる「Capppa Crush Brothers」のアカペラから入った第二部〜DJゾーン。ちなみにこのアカペラは重座聖書がCold Crush Brothersの動画を見て「かっけぇー!」となり、それをマネしてやってみたアカペラソングです。(Cold Crush Brothersの問題の動画は下より)
DJ92のレコード2枚使いによる「Red hot」。その時、事件は起こった。曲の途中にあるブレイクシーン(曲中に音が止まる部分)で、重座聖書がなんとピザの出前を注文しだしたのである。さて、本当にピザは届くのだろうか…。
続いてサムライラップソング「御YOだ!」でチャンバラを披露。
その後、EIHOUによるフリースタイルラップのCapppa自己紹介をはさみ、問題作「奇人変人隣人」。圧倒的に気持ちの悪いパフォーマンスをみせつけ、Capppaの奇人変人っぷりを遺憾なく発揮したうぐいすくん。
場の空気もほぐれたところで、これまた気持ちの悪い映像付きの「かっぱの川流れ」。気になる映像は下記よりご確認いただけます。

バンドゾーン〜前半戦

10. かっぱの宅急便
11. Fire bird(ヤパニ!)
12. ぼくらの夏休み
13. Lover soul
14. ハンバーガーセット

バンドゾーンの前半戦は、映画魔女の宅急便の主題歌、ユーミンのルージュの伝言をサンプリングした「かっぱの宅急便」から。
そして、一度ステージをヤパニ!に引き渡し、ヤパニ!の独演による「Bird watching」。ハンパなくかっこいいヤパニ!の動画は下記よりご覧いただけます。
Jazzyなベースに迎えられて再度ステージに戻ってきたのは、「ぼくらの夏休み」のイントロ。本曲は今回のワンマンライブのテーマソングにもなっている曲である。超カンタンなで、お客さんも含めて、会場全体が全員一緒になれる時間でした!
そして切ない男(おっさん)の恋心を描いた「Lover soul」。
バンドゾーン前半の最後は、オープニングアクトでも活躍してくれたイルチャンティを迎えての「ハンバーガーセット」。

バンドゾーン〜後半戦

15. Deep breath
16. 下がれ
17. Pizza Margherita
18. Evergreen
19. Soul Flower(カバー曲)
20. 輪
21. ホリデーJラップ

バンドゾーン後半戦はしっとりとしたナンバーからスタート。
MCのjuiの歌声がもっとも優しい旋律を奏でる「Deep breath」。
そしてEIHOUの熱いメッセージのこもった「下がれ」。
…とそこで、DJゾーンの「Red hot」で曲中に重座聖書が注文した出前のピザがなんと届いたらしい!そこでピザをステージ上にかかげての「Pizza Margherita」。
いよいよワンマンライブも終わりに近づき、青春の青さと若さをずっと保っていきましょうというメッセージ・ソング「Evergreen」をおとどけ。なお、「Evergreen」は下記よりお聞きいただけます。

続いてThe Pharcydeの名曲Soul FlowerのRemixをカバーしたコール・アンド・レスポンス披露した後、バンドメンバー紹介も兼ねた「輪」。
そしてラスト・ソング、終わりはCapppaのサマーチューンと言えばコレ!「ホリデーJラップ」。

アンコール

22. 東京メトロ序曲
23. 東京メトロアンダーグラウンド
24. ACTION
25. Dr. Yellow(ヤパニ!feat.Capppa)
26. RED BLUE

アンコールを浴びて戻ってきたバンド隊ヤパニ!とDJ92。コールを送り続けるお客さんに答えてDJ92が応えた「東京メトロ序曲」。
そのままの流れで本日二度目の「東京メトロアンダーグラウンド」はちょっとフレーズを変えてのチューンナップ。
続いて、DJ92によるレコード二枚使いの難曲「ACTION」。
そして、ヤパニ!自身の曲にCapppaがフューチャリングすることでキメた「Dr.Yellow」。
最後の最後、オーラスはテンションのバカ高いアゲアゲソング、エナジードリンクRedbullのことを歌った「Red blue」で締め。

終わりにはメンバーが手をつないで客席に挨拶を行い、感動のワンマンライブは幕を閉じました。
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

2013年、10週年を迎えるCapppaのNew Album「Y」。
この夏行われる、ワンマンライブより発売開始の全9曲をまとめてお届け。
音源を聞いてちょっとでも気になった人は、http://capppa.comへようこそ!

<収録曲>
1.START
2.MARTINI
3.Pizza Margherita
4.R指定
5.俺がかっぱ代表のラッパー
6.チェイーッス
7.下がれ
8.奇人変人隣人
9.Y

1,000円(税込)

今年10週年を迎えるヒップホップ・グループCapppa!渋谷Duoでワンマンライブをやっちゃいます!共演には日本の珠玉JAZZバンド「ヤパニ!」を迎え、Jazzyでおバカなパーティーにしていく予定でございますので、みなさまお誘い合わせの上、ぜひお越しくださいませ。

多摩川で河童を見かけたとの情報が多数寄せられたため、急遽取材に訪れたところ、ヒッ­プホップグループCapppaのプロモーション映像を撮らされました。本当にもうこう­いうのは勘弁して下さい。というよくあるやつ。

皆様、こんばんは。DJをやらせていただいております92です。

 

先日、「多摩川にスーツで来い!」という指令を受け、急遽、行って参りました。

 

ひとり多摩川の河原でたそがれたり、音楽を聴いたり、散歩したりしたのですが、なぜか「僕は独りではない」、そんな温かい気持ちになれました。

やはし川辺や緑のある場所は、人の気持ちを元気にしてくれるという作用があるのでしょうか?

不思議なものです。

 

偶然、その日の様子を撮影していたので見てみてください。

watch?feature=player_embedded&v=n2s0_x7TNm8

 

 

というていで撮影をしてきたのですが、この日ほど、自分の衣装がスーツでよかったと思ったことはありませんでした。

 

オフショット↑

 

みんなとても不安そうな顔!

 

さて、本日7月25日(木)は渋谷 duo MUSIC EXCHANGE にて

 Rap+Entertainment presents「The Dish」

 

当日チケットも若干あるようなので来られる方は Capppaのtwitter, facebookなどで是非ご連絡下さい。

杜仲茶飲みたい
ルイボス茶焼酎で割ったがマズかった、
俺はシゲザバイブルだ!

 

先日の俺様の日記からダイブ日が経っちまった、
メンゴでやんすm(><)m

 

ダイエット途中経過でgozaimaす。

 

①まず俺様シゲザ様の2013/05/18の結果

スタート時の体重:85.3kg

目標体重:74.5kg

 

 

②続いてジューイの2013/06/10の結果

スタート時の体重:77.0kg

今日の体重:77.1kg

目標体重:69.9kg

結果:スタート&前回比+0.1kg デブ!

 

 

① GAKUさんの家にお邪魔した2013/06/18の映像

watch?v=8VRS1r_Bu6c&feature=c4-overview&list=UUzfm6SjJqVdmG6pZfD9co3A

 

翌日 高校時代の同級生 高杉君と銭湯に行き、体重計に乗った2013/06/19の写真
=”225″ />

 

スタート時の体重:85.3kg

今日の体重:??.??kg

目標体重:74.5kg

結果:スタート&前回比+2.0kg  悲しきかな、太っちゃたよ!

 

 

②その次のジューイの2013/06/26の結果

スタート時の体重:77.0kg

前回の体重:77.1kg

今日の体重:75.4kg

目標体重:69.9kg

結果:スタート比−1.6kg 前回比−1.7kg 16日後もデブ!

 

②最新のジューイの2013/07/22の結果

スタート時の体重:77.0kg

前回の体重:75.4kg

今日の体重75.2kg

目標体重:69.9kg

結果:スタート比−1.8kg 前回比−0.2kg 約40日間−1.8kg 約四週間で−0.2kgって〜(笑)

 

 

 

①そして本日2013/07/23のシゲザバイブル様の体重結果


スタート時の体重:85.3kg

前回の体重:87.3kg

今日の体重:82.2kg

目標体重:74.5kg

結果:スタート比−3.1kg 前回比−5.1kg 劇ヤセーーー! (劇的に痩せてる)

こんばんは、capppaのジュウイです。

 

7月初頭から続いた猛烈な暑さも少し和らいできたこの頃。

とはいえそれでも暑い日本の夏。

暑さに弱い私にとっては、9月の半ばまでの長い長い辛抱の季節です。

 

こうも暑いと食欲がなくなったり、体力が低下したりと、いわゆる”夏バテ”に気をつけなければなりません。

予防としては、こまめに栄養補給をとり意識的に水分を摂ることが望ましいです。

また、暑いからといってエアコンの温度設定を低くしすぎると自律神経のバランスが崩れる恐れがありますので要注意です。

 

さて、ここでダイエットと季節との関連について。

夏は当然のことながら他の時期と比べても気温が高く、汗をおおくかきます。

また、夏バテなどで食欲が落ちることで体重が落ちるような印象を受ける方も少なくないと思います。

しかし、一般的には寒い気候の冬の方がダイエットには適しているといわれています。

私たちはウォーキングやスポーツ等、意図的に消費するエネルギーの他に、生命活動を維持するために消費されるエネルギーがあります。

それを基礎代謝と呼びますが、この基礎代謝が高いとダイエットをする上でとても大きなメリットとなります。

基礎代謝には体内の温度調整に使われるエネルギーも含まれますが、夏場に比べ生命維持に必要な体温との差がある冬は、その分温度調整に使われるエネルギー量が増えるので、総じて基礎代謝量があがりやすくなります。

また、夏バテなどで食欲がなくなり、一日の食事の回数が少なくなる方も注意が必要です。

食事を抜いたりするとその分次の食事までの間隔が空いてしまいます。

あまりに食事と食事の間隔が空くと血糖値が下がり、身体が勝手に生命の危険を感じてエネルギーの消費を抑えようとしてしまい、結果痩せにくい体質になってしまいます。

ダイエット中の方にも意図的に食事の回数を減らす方法をとっている方が居ると思いますが、

食事の回数を減らすよりは1日3食を下限としてこまめに食事をとりつつ、一日の全体の食事量を調整する方が基礎代謝の低下を抑えられ、ダイエットにも有効なのではないかと思います。

 

スタート時の体重:77.0kg

今日の体重75.2kg

目標体重:69.9kg

こないだの、「どうしてヒップホップが売れなくなったんだろう?」を書いて考えてみたんだ。

 

じゃ本当に売れるヒップホップとは何か?とね。

そもそも、こんなことを考え始めたきっかけのきっかけは、「[音楽]ロックバンドが売れるためにはどうしたらいいか?」で語られていたことなんだけど。

 

すげー洋楽とか売れてる人を研究して、
すげーうまい人のマネして練習して、
すげーセンス磨いて光らせて、

サビをメローにしたら売れるんでない?

 

うーん…。
どうだろう。。

 

…でもそういうもんだよね。
うん。

 

そんな気がする。
…売れる…気がする…!

いやいや、理屈で考えたらそうなんだけど、そんなことないって。

 

てゆーか流行追わなきゃ。
ダブステでしょ。
めさんこかっけーダブステのトラックにかっけーラップのせたらうれるでしょ。
…でもダブステの日本語ラップ売れたりしてないなぁ。

 

UKじゃね、シーパンクじゃね。
とかなんだとかやってても、それも売れた試しがないんだよなぁ。

 

流行りを追ってても違うんだろうね。
世間がヒップホップに求めているものって。
何も求めちゃいないか。期待は最大の愛だ。
世間はヒップホップに愛なんてもってやしない。

 

愚痴っていたら本題からはずれてきた。
別にたいしてそんなこと何も考えてないんだけど。

やっぱりね、学ぶところはあるよ。
歴史からは。

 

1994年
「DA・YO・NE」(EAST END×YURI)
「今夜はブギーバック」(スチャダラパーと小沢健二)

 

やっぱり日本語ラップといったら、どメジャーなこの2曲。
本当に売れるヒップホップを作るために学ぶことはあるのか。

 

まずね、

1.卑近な話題

これだよ。
カノン進行じゃないんだよ。
言葉なんだよ。文学なんだよ。

 

USで売れてる(売れてた)エミネムも2パックもNaSもJay-Zも卑近な話題。
近くのやつが死んだの、あいつがパクられたの、ヤバメなヤツでトリップしたの。
すっごい近くの周りの話題なんだ。

ハハッ!そんなの簡単さ!
って言ってすぐにやっちゃうのがオレオレラップ。
オレオレラップにもいろんなレベルがあるからあれだけど。

 

あと、

2.featuring

EAST ENDもYURIとやってるし。
スチャダラパーもオザケンとやってる。
ZEEBRAもDragon Ashとやって注目されたもんね。
青山テルマとfeaturingすると売れる時代があった。のかもしれない。
売れるために必要な要素の一つではある。

 

ちなみ、日本語ラップはめっちゃ集まってすごい人数でfeaturingするの好きだよね。
俺も好き。
音源でこんなことやる音楽ジャンルって他になさそう。

Jazzとかのセッションライブに近いね。
そのノリで音源やっちゃう。

MUROの功績デカす。

こんばんわ シゲザバイブル略してシゲルッス!

 

先日GAKUさん宅へお邪魔しました。

とても楽しかったす!

 

詳細はコチラ↓

watch?v=8VRS1r_Bu6c&feature=c4-overview&list=UUzfm6SjJqVdmG6pZfD9co3A

 

先日チェック中村君とRIP SLYMEのライブを観に行ってきました。

大変楽しかったッス!

詳細はコチラ↓

 

 

ライブとDJに熱中し過ぎて写真撮り忘れましたが、

先週のハンバーガーセット

ゲストライブのCHANNELさん

ゲストDJのRock-Teeさん

楽しかった〜〜〜〜〜!

 

明日はバクチャンパ@三宿Webだよ!

また!!!!!